アラブ首長国連邦の物価一覧

シャールジャ空港からドバイモールまで...
18.5 AED
中心市内のタクシー初乗り料金
3 AED
ドバイメトロ初乗り運賃
2 AED
マックアラビアのセット
22 AED

アラブ首長国連邦の物価情報

通貨および現在の為替状況

アラブ首長国連邦の通貨はディルハムが使用されています。

1ディルハム=29.4円(2019/07/13現在)

アラブ首長国連邦の経済レポート

アラブ首長国連邦の近年の物価や経済事情について

世界で最も高いタワーである「ブルジュ・ハリファ」の建設や、中東最大規模のショッピングセンター、人工衛星からも見える人工島群である「ザ・ワールド」、世界最高級ホテルと言われる「ブルジュ・アル・アラブ」など、とにかくお金持ちの集まる国としてのイメージが強いドバイ首長国の首都ドバイ。

元々は石油産出国としてのプレゼンスが大きかったドバイですが、近年では積極的に外国資本を受け入れて中東最大の金融、物流、観光の国として多角化を進める中で、現在ではGDPにおける石油の割合は6%以下になっています。

ですが、近年のドバイの急成長には原油の価格高騰が大きく影響していることは間違いありません。リーマンショックに端を発するサブプライムローンの影響はドバイにもあり、その後のドバイ・ショックにまで続く流れの中でドバイの経済発展にもやや陰りが見えている現在ですが、前述した多角化の恩恵によって金融、物流の中心地としての地位は確固たるものがあるようです。

そんなドバイの物価はどれほどなのでしょうか?セレブが集まる国ですから、価格の上限を見ればきりがない程に高いものも多いですが、日本と比較してもかなり物価の低いものも存在するのです。

例えば食料品ですが、日本では高級とされる南国のフルーツ(マンゴー、パパイヤなど)や、ロブスターなどの高級食材も、ドバイでは日本の価格の半分以下になっています。

また、その他食料品に関しても日本の30~60%程度の価格のものがほとんどですから、スーパーやスーク(市場)ではお得な買い物ができるでしょう。一方で家賃などの住居費、ガス、水道などの公共料金、教育費用などは年間で50%を超えるほどに物価が上昇しているようです。

食費

アラブ首長国連邦の食事・食品に関する価格・物価事情とは?

前述したように食料品そのものの価格は低めですが、外食をする場合は日本と同等の価格になります。

スークや屋台などを利用すれば20~50ディルハム、普通のレストランや中級ホテル内のレストランなら50~80ディルハム、5つ星のホテル内のレストランならば1000ディルハムを超えるものも珍しくないですから、用途に応じて選ぶことができます。

交通

アラブ首長国連邦の交通機関に関する価格・物価事情とは?

ドバイは電車網の整備が遅れており、現在でも日本企業による鉄道開発が行われ、一部区間で運行が開始されているものの、まだ本格運用には至っていないようです。

宿泊

アラブ首長国連邦の宿泊・ホテルに関する価格・物価事情とは?

-

各経済指標の推移

経済指標のグラフは登録されていません。