イスタンブールのドミトリールーム料金
28 TRY
イスタンブールの人気ホテル1泊
350 TRY
イスタンブールのタクシー初乗り料金
3 TRY
アヤソフィアの入場料
25 TRY
カッパドキアの気球の乗船料
348 TRY
パムッカレの石灰棚とヒエラポリス遺跡...
15 TRY
地下宮殿
10 TRY
キョフテ
11 TRY
サバサンド
5 TRY

トルコの物価情報

通貨および現在の為替状況

トルコの通貨はトルコリラが使用されています。

1トルコリラ= 21.1円(2018年11月19日現在)

トルコの経済レポート

トルコ(トルコ共和国)は西アジアと東ヨーロッパにまたがる国土を持っている歴史の古い国家です。日本はトルコを中東諸国の一つとして見なすことが多いですが、実質的にはヨーロッパ諸国の一員であり、経済的にもヨーロッパ圏の一つとして見なされることが多いです。

トルコの首都はアンカラですが、最大の都市はイスタンブール、その他多くの都市が存在し、ヨーロッパとアジア、中東の文化の影響を受けた独特な雰囲気を持つ街並みや歴史建造物、世界遺産などを目的に訪れる観光客の数は非常に多いです。

トルコの通貨はトルコリラですが、経済的にはヨーロッパと近いため、観光客などの外国人向けのサービス(ホテルや観光施設など)への支払いはユーロが使われることが多いです。

かつては大幅なインフレに悩み、実質的なデノミも行われたトルコですが、現在は観光産業に加えて工業、農業などで順調な経済発展を続けており、物価も上昇傾向にあります。かつては日本、ヨーロッパ諸国よりも物価はかなり安かったですが、現在ではほぼ変わらないレベルにまで上がっています。

ただ、庶民の貧富の差は激しいため、生活必需品などの物価はまだ低いままですが、外食やホテルの宿泊費、娯楽産業などの費用は日本よりも高い所も少なくありません。

食費

どこでどんなものを食べるかによって、食費は大きく変わります。概して外食費は年々上昇していますが、ローカルの人も利用するような屋台や食堂などの価格は1食300~500円程度で足ります。

ただ、中級以上のレストランになるとアルコールも含めて1食3000~5000円程度は必要ですから、日本の外食費用と同じか、やや高いと言えます。

宿泊

食費と同じく、ホテルのレベルによって宿泊費は大きく異なります。

外国人が多く利用するようなホテルの場合、ユーロがそのまま使えることがほとんどですが、中級ホテルなら一泊50~100ユーロ、高級ホテルなら200ユーロ以上は必要です。中級ホテルと言っても、日本のビジネスホテルのサービス以下ですから、費用対効果は低いと言わざるを得ません。

また、都市によってホテルの価格も異なりますから、イスタンブールのような大都市の場合は地方都市に比べて1.5倍の宿泊費が必要なケースが多いです。

交通

トルコは公共交通機関の価格は比較的安いです。

長距離移動の場合はバスが使われることが多いですが、アンカラ~イスタンブールのような長距離移動でも、片道1500円相当で行けますから、日本の長距離バスの費用と比べてもかなり安いです。

都市部ではタクシーを使うことが多いです。タクシーの初乗りは約100円ですから、市内移動なら1000円もあれば十分足ります。タクシー料金も、日本と比べるとかなり安いですね。

各経済指標の推移

経済指標のグラフは登録されていません。