タクシー初乗り運賃
3,600 KRW
地下鉄の料金
1,050 KRW
大邱タワーのバンジージャンプ
40,000 KRW
済州島(チェジュ島)潜水艦
50,000 KRW
ロッテホテルソウルのデラックスツイン...
290,000 KRW
白い参鶏湯
15,000 KRW

韓国の物価情報

通貨および現在の為替状況

韓国の通貨はウォンが使用されています。

1ウォン=為替情報が取得できません円(2018年07月18日現在)

韓国の経済レポート

韓国の物価は一般的には日本と比べると安いというイメージが強いでしょう。日本人にとっては安・近・短が揃った国として親しまれていますし、近年のウォン安の影響もあって日本の観光客が非常に多く韓国を訪れています。実際には韓国の物価の相場はどの程度なのか、いくつかポイントにわけてご紹介しておきます。

食費

韓国で食事をする場合、食べるものの種類や場所によってその価格は大きく変わるようです。外食産業が非常に盛んな国ですが、特に店舗の数も多く、多くの人に利用されているのはやはり韓国料理の店になります。韓国料理を食べる場合、店舗によって差はもちろんありますが、ビビンバであれば6000ウォン程度、サムギョプサルならば8000ウォン程度、牛焼肉ならば20000ウォン程度で食べられます。この中では高い牛焼肉でも日本円に換算すれば1400円程度ですので、普通に食べる分には一人前1000円もあれば充分なのが分かると思います。ただし、同じ韓国料理でも宮廷料理の場合は高級料理を扱う店舗に限定されるため、ディナーの場合は10万ウォン程度は用意しておいた方が良いかもしれません。また、同じ外食でもイタリアンやフレンチなど韓国料理以外の種類の店舗の場合は日本とあまり変わらない価格になっているので、安く食べたい場合は韓国料理を選んだほうが無難です。

交通

タクシー初乗りが2400ウォン、電車初乗りが1000ウォンとなっているので、日本と比較するとタクシー料金の安さが目を引きます。ただし車の交通事情は日本よりも悪く、高速道路などは時間帯によっては非常に混みあうため、時間に制限がある場合、タクシーを利用するのはあまりおすすめできません。

生活

電気料金、水道料金はどちらも1ヶ月で約10000ウォン程度、ガス料金は1ヶ月で約20000ウォン程度のようです。日本円にすると電気、水道が700円、ガスが1400円ですからかなり安く感じます。

このように食費面では外食の価格が非常に安く、生活面や交通についても日本と比べると全体的に低い物価になっているのが分かります。ですが、近年の急激なウォン安の傾向や、国内食料自給率の悪さの影響で輸入食品の価格上昇が顕著になっているという問題があるようです。長期的に韓国に住む場合にはこの食料品の価格上昇は大きく影響してくるので、注意が必要です。

各経済指標の推移

経済指標のグラフは登録されていません。