象乗り体験
15
アンコール・クッキー
6
カンボジアの菓子 ノム・トム・ムーン(...
15
シェムリアップ パシフィックホテルの宿...
50
カンボジア国産缶ビール
1

カンボジアの物価情報

通貨および現在の為替状況

1$=0.0円(2018年07月18日現在)

カンボジアの経済レポート

カンボジアは東南アジア諸国のうちの一国であり、インドシナ半島に位置する国です。正式にはカンボジア王国ですから、国王を擁する立憲君主制の国家でもあります。

アンコールワットやアンコールトムなどの世界遺産があり、世界各国から多くの観光客が訪れる国ですが、一方でかつての内戦の結果として未だに処理されていない多くの地雷を残したままという危険地帯も多くある国です。

カンボジアのGDPは世界平均から見て10%程度しかない"最貧国"に類する国ですが、近年になって多くの外国資本が投下されていることや、国内の豊富な鉱物資源などがあることから、将来的な成長が見込まれています。

その影響もあり、カンボジアの物価は年々増加傾向で推移していますが、それでも日本や欧米各国の基準からすると非常に安い物価と言えます。ただし、日本人の多くが訪れる場所は観光名所ですから、そういった場所では観光客相手の物価が適用されているため、カンボジアの一般的な物価から見ると考えられない程に高い水準になっている点には注意しましょう。

カンボジアの通貨は「リエル」ですが、実はカンボジア国内でリエルが使われることはあまりありません。代わりに米ドルが多く使われており、カンボジア国内で使用されている紙幣の9割以上が米ドルと言われています。観光で訪れる場合は無理してリエルを準備する必要はないでしょう。

食費

カンボジアは東南アジア諸国のうちの一国であり、インドシナ半島に位置する国です。正式にはカンボジア王国ですから、国王を擁する立憲君主制の国家でもあります。

アンコールワットやアンコールトムなどの世界遺産があり、世界各国から多くの観光客が訪れる国ですが、一方でかつての内戦の結果として未だに処理されていない多くの地雷を残したままという危険地帯も多くある国です。

カンボジアのGDPは世界平均から見て10%程度しかない"最貧国"に類する国ですが、近年になって多くの外国資本が投下されていることや、国内の豊富な鉱物資源などがあることから、将来的な成長が見込まれています。

その影響もあり、カンボジアの物価は年々増加傾向で推移していますが、それでも日本や欧米各国の基準からすると非常に安い物価と言えます。ただし、日本人の多くが訪れる場所は観光名所ですから、そういった場所では観光客相手の物価が適用されているため、カンボジアの一般的な物価から見ると考えられない程に高い水準になっている点には注意しましょう。

カンボジアの通貨は「リエル」ですが、実はカンボジア国内でリエルが使われることはあまりありません。代わりに米ドルが多く使われており、カンボジア国内で使用されている紙幣の9割以上が米ドルと言われています。観光で訪れる場合は無理してリエルを準備する必要はないでしょう。

交通

カンボジア国内の移動はトゥクトゥクと言われる3輪のバイクのような乗り物が主になりますが、例えばホテルでトゥクトゥクをチャーターして1日乗った場合、12ドルほど必要になります。

タクシーを利用した場合は一日利用(チャーター)して約20ドルになります。

カンボジアの一般的な物価からすると交通費は高めですが、日本の相場からすると非常に安いですね。

宿泊

カンボジアは市内のゲストハウスのような安ホテルでも観光客相手の価格になっています。相場は一泊5~20ドル程度ですが、セキュリティは非常に低いのであまりお勧めできません。

観光地に近い高級ホテルになると一泊で400ドルを超えるような金額も普通になります。

このように、カンボジアではホテルの価格は概して高く、そして幅も広いのが特徴です。

各経済指標の推移

経済指標のグラフは登録されていません。